« 再開 | トップページ | ばいばいの理由 »

2008年4月28日 (月)

つばめ

こんばんは、今日はうちに来てたツバメについて。

去年の春、あたしもちょうど受験生!みたいな雰囲気になったころ、家の玄関のすぐ外にツバメが巣を作りました。毎日毎日がんばって巣を作ってて学校に行くときと帰ってきたとき、「お、今日もやってるねぇ」なんて声かけたりしながら見てました。2週間もたつと最初石ころくらいしかなかった巣も男の人の手のひらぐらいの大きさになって、奥さんのほうのツバメも来るようになりました。その小さな努力がかわいくて、でも生きてる真剣さが伝わってきていつ雛がかえるかなーなんて思うようになりました。

巣はすごくは大きくないけれどその狭い巣に二匹のツバメがぎゅうぎゅうになって巣に座ってるのは見ててとてもなごやかなものでした。

でも5月になっても雛の声は聞こえず、6月になってもついにツバメは鳴きませんでした。7月にはツバメもさすがに来なくなっていて、小さな巣と下に落ちた糞だけがいつまでも残っていました。

8月がきて、9月になって、でも巣は片付けずにそのままにしていました。一度お母さんに片付けないの、と聞いたら残しておこうといわれたのを覚えています。寂しそうに空っぽの巣を見ながらなんとなく悲しくなりました。

そしてあたしの受験がきて、思うように行かずにおわり、ついに高校も卒業。

巣も、あたしも空っぽのまま今年の4月を迎えました。

でもお話には続きがあります。

また今年もツバメが来てるわねぇ。お隣さんが教えてくれました。ちょうど家に帰ってるお父さんもツバメ来てるぞーなんてテレビを見ながらいってました。

お隣さんに去年失敗しちゃったから、といっていたお母さんもなんだか嬉しそうでした。

あたしもまだ自分の目では見てないけれどもツバメが今年こそいい子が生まれて巣立つのが楽しみです。空っぽの巣がまたすこし大きくなって雛でいっぱいになる日が楽しみです。

家の玄関のツバメの話でした。

|

« 再開 | トップページ | ばいばいの理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24094/20634448

この記事へのトラックバック一覧です: つばめ:

« 再開 | トップページ | ばいばいの理由 »