« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

冬III

こんばんは、バイト+予備校の組合せに後悔しているるっこらです。相変わらず何にもうまくいかないし、依然として冬真っ盛りでございます。

でもすごく心温まることが多いです。例えば、昨日は好き友達からブログにコメントが来ててその後チャットで相談にのってくれました。ぐっと心に染み渡りました。今日は学校に行かなきゃいけなかったんです、忘れ物をとりに。で、行く予定は立っていたのでパンを職員の方にあげたのです。そうしたらすごく喜んでくださいました。サンタ先生なんて拍手までしてくださいました。次に身にしみたのは学校からきざはし降りていくとき、懐かしい顔ぶれの方に会いました。で、「早いね」(そのとき8:50AM)といわれて、「十時から予備校だから...」といったら「頑張ってねっ」と言ってくださいました。しみました。それからパン屋さんのバイト後に大学生の方と一緒にパスタを食べに行きました。そしてちょっと相談にのってもらって、「(事を)終わらせるの早すぎるよっ頑張って」とこちらもまたうれしいお言葉をいただきました。で、いまブログにこちらもとても親しくさせてもらっている友達からもコメントが寄せられておりました。

きゅーっとしみました。本当に本当に心が潤った気がします。でも、それでも、自分の実力や事の運びはかえられなくって。描いても描いてもべタッと絵が画用紙にくっついているんです。はがれないんです。考え方だって何にも変わらないし、逆に追い詰めてその向こうに何があるかを見た方が早い気さえします。

でもたくさん、ありがとうです。ちょっとしたことでも私にとってはすごくうれしいです。

それじゃあ、春が来るのをねがって。

コメント返信

>KsKへ

いつもいつも相談にのってくださいましてありがとう。本当に感謝しています。きずけばいつも困っていたり、落ち込んでいたりするとすぐにそれにきずいてくれるのはKsKだよね。すごく救われています。私にできることがあったら何でも言ってね。ご迷惑おかけしましたっ。

>Lemon teaへ

お初コメントありがとう★わたしはLemon teaという名前を見た瞬間に誰かわかったよっ笑。うん、今度お言葉に甘えて愚痴らせてもらいます。迷惑かけます汗。一日空く日があるといいわねーっ!一緒にお出かけしましょっ。 ちなみにキャラメルマキアートはこの前あげたやつだよっ★おいしかった??

二人とも、ありがとう!ご心配おかけしてすいません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

冬II

キャラメルマキアート、社員の人にまずいって言われた。ぶー。でも確かに売り上げ悪いからきっとまずいのでしょう。...いいもの、私はおいしいと思うもの。でも、買うのはあんまりお勧めしないです...皆の奥地にあわないかもしれないから..食べたい人は1月14日までにいってください。届けます。

さて、昨日は本当にやんでましたね。今日もだめだめです。デッサン、うまくいかないんです。石膏像がかけなくてかけなくて...どうしても二次元になっちゃうんです。

で、思ったんだけれども私は世界が二次元に見えているのかもしれません。なんか冬が寒いのも、歩いてて疲れるのも二次元で、三次元で感じられる何かが喪失している気がします。...疲れるとそうなるかもしれません。何してたって気分は単調。それが二次元じゃないですか。どうにか抜けたいです、二次元の世界。

それじゃ、くだらないこといってごめんなさい。こんどからもっと面白い事かけるようにがんばりいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

こんばんは、はたまた一ヶ月の更新となってしまいました。でもコレって読んでいる人いるのかな?まぁいいや、いてもいなくても書きたいことたくさんあるので更新させてもらいます。

最近真心ともども疲れ果ててしまいました。自分で限界を感じております。でもこんなこと仮に親に言ったらバイトやめなさいと強く言われるでしょう。はたまた友達に言うのは人間として失格ですね。でも疲れちゃったんです。大変だったといえば大変でした。合唱コンクールはすごく楽しかったです。泣けました。皆の真剣さに心を打たれました。でも大変なのはその後です。いろんなことがかさばってしまって、どうにもこうにも身動きが取れなくなってきてしまったのです。まぁすべて自分ができるからやろうと決心したことなのですがね。もちろんやり通したいです。

話は変わっておととい美丘という石田衣良の本を買いました。恋愛小説で、元気な、すごく個性的なヒロインと小説好きの一般男子の話です。最後二人は死別してしまいます。なので悲恋。石田衣良らしい、でもちょっとはずかかったり胸が詰まるような苦しさを感じる本でした。内容は最初明るく最後暗く。コントラストが非常に激しくて、それがまた読んでいてつらかったです。純愛小説を求めている人には本の後半を、軽く近代小説(?)を読みたい人には前半、泣きたい人には最後の20ページ、読んでいて恥ずかしいのが嫌いな人には各章の40~50行目からをお勧めします。笑 でもコレ本当。ちなみにこれを読むにあたって恋人、片思いの相手、特に夫、妻がいるかたは寝る前に読んでください。もっと泣ける気持ちになります。笑

もいっちょ変わって美術予備校の話。あそこ寒い。笑 すごく寒いんです。しかも下手したら3~4時間ぶっ続けでそこにこもることになるからすごく居心地が悪いんです。しかも今日なんて!空気こもるのはよくないからといって窓を開けました。寒いです。今日特に寒かったしっ。しかもモチーフ風でゆれるからという理由で暖房切っちゃったし...おなかこわす勢いです笑。

最後に。冬は寒いですね。家族のこと、友達のこと、仕事、恋愛、勉強などいろんなところから悩みが湧き出て気が重くなります。そうしたら何かを捨てることをお勧めします。

それでは、長々と失礼いたしました。良いお年をっ

今度サンジェルマンに行ったらキャラメルマキアート買ってみてください。すごくおいしいですよ。笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »