« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月14日 (日)

オスカル!

ども、ぼちぼち眠いるっこらです。

最近ベルバラことベルサイユのバラを友達に借りて読んでました。

その後の私、...『オスカルッ!!!!!』と何度学校で叫んだことか。いや、本当にあれは叫びたくなります。

さて今日は一風変わったもののせたいと思います。はっきり言って読む価値0です。ごめんなさい。自分の自己満足で載せさせていただきます。

暑い、じれったいお昼時とは八月の半ばによくあることだ。そして夕方はそれと打って変わって涼しい風が吹く。過ごし易いのだか易くないのだか、そんなのは誰か知れたことではない。ただ、言えることは今がそういう時期ということだ。

夕方の、ちょうど日が傾き始めた頃、仕事を終えた一人の女が駅で電車が来るのを待っていた。彼女は風で乱れた少し茶色がかったセミロングの髪の毛を顔からどけると携帯で時刻を見る。六時四十分。後三分ほどで電車がつくであろう時間だった。

ケイは黄色いセンと呼ばれる安全地の境界線から半歩下がると肩のかばんを掛けなおす。彼女の方はほっそりとして骨ばっているようだがなで肩であった。そんな細身の彼女は自宅に、大都会を抜けて、住宅街を横切って、民家のあまりないその家に二時間かけて帰ろうとしていた。自宅といっても一人暮らし。なぜ彼女がそこに何のために住んでいるかはだれもしらないが知られていることが一つある

それは、彼女はからすと同居している、ということだ。

このことは最初かなり珍しい噂と会社でもながれたが、そんなバカなことはないとすぐに収まってしまう。彼女は外見からしても全く普通だし、いや普通以上の美貌を持ち合わせているであろうと思われる。それに彼女には交際をしている男もいた。もし彼女がそんなカラス女だったら誰も付き合わないだろう、会社の社員はみんなそのような結論を出して噂はみっかもたたないうちに消えてしまった。

当の彼女は噂を聞いてもなんとも思っていないし、第一事実なのだから仕方がないと割り切っていた。彼女は今、カラスと暮らしていた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ういんく☆

ごめんなさいごめんなさいっ汗。一週間以上更新していなくてごめんなさい汗。そしてこれから今度は二週間アップしない予定です。ごめんなさい汗

でも今日も短く、更新したいと思います。

ウインクについて。

私はウインクが大好きです。バチバチ両目でできるので本当によくやります。きっとされた方もたくさんいることでしょう。やられた方に魂の救済を...この前の私じゃないけど生命の危機を感じた方も少なくはないと思います。かわいそうに。

さてこのウインク、私は自然に身に着けました。でもって気に入ってます。でもこれには結構深いわけがあるのですよ。このぶりっ子ぶった行動、実は私が4,5,6年生のときの現地校の体育のかっこいい先生がよくする行動で。私その先生がすごく好きだったんです。で、その先生は目が会うとよくパチって確か右目を一瞬閉じるんです。まぁ、つまりはウインクをしてくれるということなんですけど。

それがすごく好きでだったんです。だからウインクする度に私はその先生のこと思い出しています。でも普通にその先生のことが好きならこんなにはならないと思うんです。その女性の先生はおばあちゃん的存在だったんですけどね。(あ、今その先生のこと女性?!って思ったでしょっ)

私のウインクで被害を受けている皆、いつも思い出に付き合ってくれてありがとうっ。

...これからもよろしく。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »