« しゅび どぅび どぅん ★ | トップページ | おそうじとみゆき »

2006年3月18日 (土)

めそめそ

今日はGO!GO!7188気分です。素敵です★

ことの始まりは昨日アルバム『鬣』を借りたところから。最近借りたくて仕方がなかったので一週間、借りることにしました。で、家に帰って聞いたら...はい、ふぉーりん・らヴでした。とくに『ポラロイド』には今めろめろです。ロック加減がとてもスキデス。

さて私の好きな言葉を一つ申し上げたいと思います。

めそめそ、って言葉が好きなんです~

めそめそってかわいらしい感じと、ほっとけない感じが出ててとってもいい出汁が出てる言葉だと思うんですよ。例えばめそめそしてる女の子がいるとか言われちゃうと心配で駆け寄りたくなっちゃうでしょ?そんな具合です。あ、でもこれは男子には使えないか。

じゃここで一つ私の想うめそめそ。読みたい人だけハイライトしてください。

「もうここで終わらせようよ。これ以上黙ってるまんまじゃ埒が明かないじゃない。あなただって気持ちはかわらないんでしょ?」

彼女は言った、凛とした強い口調で。そして冷たく、まるでなんとも思ってないようにも申し訳なさそうにたたずんでいる彼を見据える。タイミングよく吹いた風が彼女のスカートを揺らした。

「私よりも惹かれちゃう子がいるんでしょ?すきなっちゃったら仕方がないじゃない。もうこれ以上、私を騙しながら付き合わないで。もう騙さなきゃ付き合えないんだから答えは見えてるでしょ?」

「...ごめん。」

その一言ですべては終わった。彼はいそいそと彼女を残して公園を出て行く。彼女は黒のTシャツを着た彼の背中は木の影にきえるまで見届けるとため息をついた。 

最悪な彼だった、いつもいつも優しく肩を抱いてくれて、幸せにしてくれて。最悪な笑顔を見せて、何になるっていうの?

彼女はいろんな色でにじむ景色を手で覆った。そしてさっきのあの言葉とは裏腹にめそめそと涙をこぼした。

い、めそめそでした。なんだか最悪な彼でしたねーだって普通彼女置いてくか?!みたいな。でもそこが優しさということで。ちなみに設定は彼の方に好きな子ができちゃって、もちろん彼女のことも愛していたけどそのことがばれちゃったみたいな。浮気はしてないんだけど彼女はそんな多大なプレッシャーに絶えられなくて時分から別れを切り出す。彼氏は別れたくもなかったけど自分と彼女はどこかで歯車が狂うのを確信して彼女の言ったとおり別れる。でもその後その好きになったこに何かをするわけでもなく別れを切り出した彼女を心に留めた。もどかしいお話です。

あ"-夜はテンションあがりますね(なんなんじゃ)

こういうの好きなんですよね~

|

« しゅび どぅび どぅん ★ | トップページ | おそうじとみゆき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24094/1084086

この記事へのトラックバック一覧です: めそめそ:

« しゅび どぅび どぅん ★ | トップページ | おそうじとみゆき »